埼玉の観光地について

埼玉で観光しませんか

トップ

埼玉県内の観光地について

埼玉県の観光スポットをご紹介します。武蔵埼玉稲荷山古墳は埼玉県行田市内の埼玉古墳群にあり、5世紀後半に造られたと考えられています。大きさは埼玉県内の古墳の中では2番目に大きいとされ、全長120メートル、高さ11.7メートルあります。埋葬施設の礫槨と粘土槨から出土した数多くの出土品は1981年に重要文化財に指定され、その後1983年に国宝に指定されました。現在は復元された模型の礫槨と粘土槨を現地で見ることができます。出土品は博物館に保存されており、常設展示されています。最寄り駅からバスが出ていて、周辺には出土品が保存されている博物館の他に展示館や神社やお寺等の観光スポットがあります。

武蔵埼玉稲荷山古墳について

武蔵埼玉稲荷山古墳は埼玉古墳群の中にある前方後円墳で、行田市の観光スポットとなっています。造営は埼玉古墳群中では早く、5世紀後半と推定されています。その規模は墳丘の長さ120m、後円部の直径62m、高さ11.7m、前方部の幅74m、高さ10.7mで、方形二重の濠があります。1968年、後円部から金錯銘鉄剣が発見されました。その後の調査で鉄剣の両面に115文字の漢字が金で象嵌されている事がわかりました。解読によって、5世紀後半に大和朝廷の勢力が、関東地方に及んでいたことが判明しました。史料的な価値が高く、1983年に国宝に指定されています。古墳群はさきたま古墳公園として整備され、園内には博物館もあり、歴史を楽しく学びながら観光ができます。

埼玉の観光スポット情報

© Copyright 埼玉で観光しませんか. All rights reserved.